クラウドソーシング

今や花盛りのクラウドソーシング。

一般的には、特定の業務を不特定多数の人に提示し、「できます!」と応募した人の中から選び、委託するという仕事面でのシステムを指しています。

広義に言えば、仕事を出す側と請け負う側のマッチングシステムということになりますが、そうなると、仕事上の業務というより、「自分の得意を売ります」を起点とした逆システムも当然出てきます。

まぁ、大雑把に言えば「誰か、この仕事できますか?」という業務委託型(多くはB to Cになる)と「誰か、こんな相談なら乗りますよ」という相談・提案型(多くはC to Cになる)ということになるでしょうか?

どちらにしろ、誰でもが参加できることによって発生する多々の問題は避けようがないようですね。

特に、誰でもが売り込める後者のサービスにおいては、提案側は無節操極まりない感が蔓延しているように思えます。

業務委託型とオーバーラップしている内容もあるのですが、社会全体における『仕事』というものの質を総体的にことごとく低下させる一方の雰囲気が漂います。

また、業務委託型においては、「いいね」1件でいくら、「レビュー」1件でいくらとかといったように、評価が売買されているのですから、ネットでは口コミでさえ信用性zeroと考えておいた方が無難ですね。

私もこの目で確認していますから、もう『ネット情報は嘘のオンパレードですよ』としか表現のしようがありません。

私の運営している学習・教育のページに関連して、保護者さんや生徒さんの相談を例として話を進めさせていただきます。

まず何よりも、「宿題をお願いします」「今日中にこの問題解いてください」といった依頼をする人がいること、それに対してホイホイと手を挙げる人がいることに、恐ろしさすら感じてしまうのです。

この現象は、ニュースでも採り上げられていたと記憶していますが、一体この国はどうなってしまったのでしょうか?

私が登録している相談・提案型クラウドソーシングの例を幾つか挙げてみましょう。

息子は、勉強嫌いで、成績も悪いです。来年、受験を控えて心配が、募るばかりです。塾に通ってても、成績が伸びずに、高い月謝を、支払いする中、このまま続けて行くべきか、悩んでます。勉強が苦手な子、成績の悪い子でも、やる気や、ネットで、指導していただける方いますか?

この相談に名乗りを上げている方は、

  1. 人間関係に関する心理を得意とする方
  2. スナック・一流企業のカスタマーサービス・販売業の経験を生かした相談・発達障害のお子さんを持つ親御さんならではのお悩み相談を受け付けている女性

  3. プロフィールは不明で「数学の問題作ります」をアピールしている方
  4. お勉強のお手伝いや翻訳作業、アイコン作成をアピールされている東〇大文系中退後私学薬学を出た女性
  5. 絵画制作を本業とする元国語科書道教諭の女性
  • そもそも、「やる気」がネットで解決できることでしょうか?
  • まぁ、3~5の方は名乗りを上げる資格はあるでしょうが、見も知らない子をネットの遣り取りだけで「やる気」にさせる自信がどこから湧いてくるのでしょうか?
公立高校受験にむけての計画をお願いしたいです

この相談に名乗りを上げている方は、

  1. プロフィールは不明で「数学の問題作ります」をアピールしている方
  2. お勉強のお手伝いや翻訳作業、アイコン作成をアピールされている東〇大文系中退後私学薬学を出た女性
  3. 子育てを終了した主婦さん
  4. 家庭教師をしていて、歌とオシャレが好きな女性

  5. 現役JKさん。愚痴や相談、楽しく雑談などしませんか?
  6. タロット占いを売っている女性
  • 受験に向けての計画をお願いする方もお願いする方だと思うのですが…
  • まぁ、1~3の方は名乗りを上げる資格はあるでしょうが、それにしてもナント軽いノリでしょう!
  • 単なる経験論だけで偉そうぶる本が巨万とありますから、その影響なんでしょうか?
新しい大学入試に対応した、思考力・判断力・表現力をみれるような問題の作成。中学数学でも可
  • この相談に名乗りを上げている方は、今のところは流石に居られません。
  • 正体不明の人のリクエストに誰が答えるのでしょうね。
    問題を作成できる能力のない塾が、安くで買おうとでもしているのでしょうか?
  • どれほどのボリュームかも分からず、誰が千円や五千円で問題作るでしょうか?
  • 本当にこれらを盛り込んだ問題を作ろうと思えば、1問に1日かけてしまうぐらい重いものですし、こういった良問が作れるような人は、普通、社会の一線で忙しい毎日を送っている筈です。

確かに、優秀な方も沢山居られます(大学レベルの高等数学でも教えられる方etc)が、その比ではないほどの訳の分からない三流の売り手やインチキ情報の方が圧倒的多数を占めてしまっているのが現状でしょう。

ことにもよりますが、そもそもワンコインやらツーコインの廉価で良いものが提供される筈がないというのが率直な感想です。

ですから、これらのクラウドサービスは、何よりも本業としてプロとして営んでおられる方の価値を貶めることで、全てのサービスを劣化させていく先陣を切っているといっても過言ではないでしょう。

弁護士に相談して、該当する法律を説明してもらうだけでも30分で5千円は取られるんですからね。

とにかく、ネットで次から次へと出てくるサービスは全て「悪貨は良貨を駆逐する」顛末がすぐにやってくることを念頭に置かれた方が確かだと考えます。