新社会人応援キャンペーン

『顔とは心の証明 健康のカルテ 人生の看板』

実に的を射た素敵な言葉ではありませんか!

ほとんどの皆さんはご存知かと思いますが、美肌師 佐伯チズさんの言葉だそうです。

当店のベルマンICgeL倶楽部の会員様には佐伯チズさんの本を読んでいらっしゃる方も多いようですよ。

何といっても、ベルマン社が1951年(昭和26年)以来提唱している『三面美容』とも大いにシンクロする美のフィロソフィーがありますから当然かもしれませんね。

さて、いよいよ4月から新年度が始まりますね。

今朝確認したのですが、桜の蕾は今にも開かんばかりに膨らんでいました。

新社会人の皆さんは、これから自分の看板を作り込んでいく楽しみに胸を躍らせていらっしゃることでしょう。

若いことは、ただそれだけで輝かしいことです。

でも、社会人になると学生時代のように甘い世界に浸ることとは無縁になってしまいますよね。

ともすれば、自分の看板も内側から汚れが浮いて来たり曇りがちになったりしてきます。

そんなとき、外側からも同じように看板を汚すようなことをしては二重に可哀想。

その時はきらめいて見えても、実は見えないところでお肌が劣化しているかもしれません。

悲しいかな、お化粧とはそういうリスクが付きまといます。

だから、本当に安全で安心して使えるものを見つけていただきたいと願っています。
そして、メンテナンスすることスキンケアの視点は忘れずに看板を磨いてくださいね。

いつまでも健康的で美しい看板は、自然に貴女をより高いところに導いてくれますから…。

最近、僕の身の回りでも、お化粧や身だしなみだけで損をしている女性の話を耳にしました。

決して悪い娘ではないようなのですが、化粧が足を引っ張って、多かれ少なかれ
誤解される部分が出てきてしまうんですね。

そうなれば、悲しいことに小さな誤解でも悪循環に陥ってしまって、修正不可能なほど大きな誤解に成長してしまうこともあります。

世の中とはそういうもののようです。

たかがお化粧、たかが身だしなみということはないようです。

お化粧や身だしなみも、『周囲の人への礼儀と気配り』を基本に据えた上で、これらと丁寧に向き合ってやらないと、優しさや愛に欠ける人と見なされて社会は受け入れてくれないのが常です。

自己主張は大切なことですが、自己中であっては元も子もありません。

そんなことを踏まえながら、「私はこれが好きなの」って言える化粧品を探して、そして最後に出会えるといいですね!

これからの長い航海、良きスタートを切られんことを祈っております。

Bon Voyage