冬だからこそ朝晩クレンジング!キャンペーン

バイシルバークレンジング徳用お買い求めのお客様には、バイシルバークレンジングと洗顔料(クリーンフォームorヨモビオゲル)のサンプルを付属!!
(期間限定)

ベルマンの真骨頂とも言えるクレンジングと洗顔料でお肌の質改善にチャレンジされて下さい。

表皮を覆う皮脂は時間とともに汚れを蓄積し徐々に酸化していきますから、放置しておくと角質層に悪い影響を与えていくこともあります。

出来る限り汚れを落とし清浄な状態を保つように心掛けておきたいものです。

洗浄するためには、石鹸も含めて、当然、界面活性剤の力を借りることになるわけです。

それで、猫も杓子もコピペしたかのように「皮脂膜が破壊される」という表現を捲き散らかせているようですが、誤解をさせることを目的としているような表現ではないでしょうか?

「破壊される」というと元に戻らないような印象を受けますが、生きている限り健康であれば皮脂は分泌され続けるものですよね。

古くなった皮脂は酸化し、汚れや垢と同じくある程度は自然に表皮から離脱していきます。

ですから、クレンジングすること、洗顔することは、「一時的に皮脂膜を除去する」という物言いの方が正しい筈です。

そこで、クレンジングや洗顔の本質は、一度の洗浄で皮脂膜を過剰に取り除き過ぎないように、古い皮脂や汚れを取り除くというコントロールの問題が重要な要素になってくるんですね。

だからこそ、界面活性剤として毒性の強い合成界面活性剤が数多く配合されているものは避けるという大前提がお肌の健康維持のためには必須なんですね。

この前提の下に、特に肌トラブルがない普通のお肌の方や敏感肌でも軽度の方であれば、1日2回の適切なクレンジング・洗顔によって、より健やかな肌の状態が維持出来るということになります。

合成界面活性剤の有害性を訴えたいのは良いことですが、「皮脂膜が破壊される」という表現は、本来は「皮脂膜を丸裸にまでした上に角質層が破壊される」とでも言い直すべきでしょう。

ただ、敏感肌・アレルギー肌の度合いが強い方は無理にクレンジングや洗顔料を使わず、ぬるま湯での洗顔を主体にされる方が賢明であることは言うまでもありません。