幸せの微笑み

もし、人生や生き方について語られる書籍があれば、『幸福』について語らない本はないと言えるでしょう。

にも拘らず、本サイトでは、三大幸福論に数えられるアランの『幸福論』バートランド・ラッセルの『幸福論』はもとより、幸せを呼ぶヒントとなるような様々な言葉を折につけ散りばめながら、本当は語り尽くされている『幸福』について省察していきたいと思っています。

ただ、本サイトの主な趣旨としては、B.ラッセルと同じスタンスとして、社会制度の中にある幸福・不幸の物質的・環境的諸問題は、生存するための最低限の条件を満たしていることを前提として極力副次的に扱うことにし、個人の心理の中にある幸福・不幸について散文的に整理していくつもりです。

これは、もちろん、前者を無視するということではなく、前者は後者に影響を与える因子であることは明白であることを前提とした上で、きちんと線引きをして捉えていく、即ち、前者は重要な別問題として扱う方がシンプルであると考えるという意味でです。

僕たちが『幸福』を感じることができるための土壌は、こういった類の書籍をどんどん読み、感じ、考えること自体の中に育まれます。

僕たちの『幸福』は、B.ラッセルが言うところの、【間違った世界観、間違った道徳、間違った生活習慣】から解放されることだけの簡単なことでいつでも手に入れることができるのです。

誤解のないように最初に申し上げておきたいことは、僕は前者の諸問題の領域に踏み込んだことのないような人々は信用していません。
それほど、前者は人格形成には不可欠な重要要素だと考えているところが正確な立ち位置です。


  1. 身だしなみに気をつけなさい それはいつか魂になるから~97歳の幸福論とともに~
  2. 幸福は表現的なものである~伝染する「幸福」~
  3. 間合い・TPO・節度を巡る「静」の時空美
  4. 完全数から友愛数・婚約数へ
  5. しあわせ運べるように | 阪神淡路大震災20年
  6. 親の心得 あるいは 子育て四訓
  7. 退屈なバラ~アラン『幸福論』第88プロポ『詩人たち』
  8. ノミのサーカスの無残と幸福
  9. 幸福は最初のふるまいが決めるのかもしれない
  10. 高峰秀子の流儀~見苦しい女たちの彼岸~